青いクマが大好きなモノに囲まれて暮らすために通った跡

青いクマ〈未熟なくまえ〉が大好きなモノに囲まれて暮らすために自立を目指した課程の跡(記録)です。今を生きる人間としてその生き様を通して何かしら良いきっかけを与えられたらと思いこのブログを始めました。

何かを失って何かを得ることの正体は。。。

僕たちは毎日、何かを得るために他の何かを手放しています。何かを失うことで他の何かが得れれます。

得ようとしているものは自分にとって価値の高いもので、失うものは自分で価値が低いものです。

何かを得ようとして何かを失うというのは、必ずしも何か自分の大切なものを犠牲にすることではありません。

ただ僕たちは自分にとっての価値の高いものを増やすことの繰り返しを日々行っています。ただ自分の好きなものに囲まれたいんですよ。


昨日、スーパーでのレジの会計で笑顔の良い女の子の店員さんだったので嬉しくなりました。

しかしその直後、自動精算機があり そこへ誘導されました。バーコードの読み取りは人がやって、お金を出すのは自動精算機相手だったのですね。

その笑顔の良い店員さんはどんなお釣りの渡し方をするのだろうと楽しみにしていた矢先だったのでがっかりしました。

レジの人によってお釣りの渡し方は様々なので、僕は普段の買い物でよくお釣りがわざと出るようにして清算を楽しんでいます。

お客の手に触れないように小銭の端っこを持ちながら渡す人。逆に片手で小銭をお客の手のひらに置き、同時にもう片方の手をお客の手のひらの下に潜らせて添えて渡す人もいます。

女の子の店員さんに後者の渡され方をされたこともありますが、その時はとても感動しました。


自動精算機の導入が進むほど効率的して楽で便利になるかもしれないけど、その分、人との間で起こる温かい物語が産まれる機会も減ってくるのは少し寂しいなとも思いました。

見渡せば、自動精算機を導入しているスーパーも最近は増えてきましたね。多分、店側の業務の効率化をはかるための施策の一つだと思うけど。

更に将来的にはスーパーでの清算は完全に機械がやるのが常識になるのだろうと思います。

AIや機械に取って代わるお仕事の一つとしてレジがありましたのを思い出しました。

でもそんな時代だから逆に、人の手で清算するお店を自店の特徴として差別化し、公に認知してもらうこともできるかもしれません。

これは人と人との触れ合いに重きを置いた結果です。逆に多くのスーパーは効率を重きに置いているから精算機を導入しています。

つまり、何を重きに置くか、どんな価値観を大事にするかの違いだけで失うと得るを繰り返していることに変わりはありません。

その上で僕は何を得続けて何を失い続けるのだろうか。思いに更けてみる。。


くまえ ひでき

結局気持ちの問題なのか

最近、一つの目標を定めました。現在は電話営業の仕事で週5で働いていますが、今年度中にパソコンを使った在宅ワークのみで家計を支えることです。

在宅ワーククラウドソーシングを中心に取り組んでいき、現在は週5の仕事が終わった後の時間や休日の時間を使って在宅の仕事の量を増やしています。

パソコンを使った在宅ワークのみでやっていけるようになれば、まずネットが使えるパソコンさえあれば何処にいてもお仕事に取り組むことが可能になります。

そうなれば住む場所も滞在する場所も自分や自分と関わっている人たちの都合を考えながら決めることができるからです。

あと、くまえ ひでき個人にお仕事や役割を任せて貰える立場を確立することです。クラウドソーシングではクライアントが個人に対して信用してお仕事を任せています。
くまえ ひでき個人として任せられ、必要とされることが今後益々必要になる気がします。
だから、在住ワークのみを実現します。

また、場所に囚われない状態になることで自分が「何をしたいのか」は追々お話できたらと思います。

まずはその時々の課題一つ一つを着実に突破することですね。在宅ワークのみでやっていける状態になるために以下のような小目標を辿りながら進めることにしています。


1、 光熱費や通信費、食費など小さな出費を賄える量を稼ぐ(1~2万円)←今現状ここを挑戦中

2、 家賃など大きめの出費を賄える量を稼ぐ(5、6万円)

3、 一か月の出費をぎりぎり賄える量を稼ぐ(10万円)

4、懐に余裕があるくらいの量を稼ぐ(20万円)←このレベルに今年度中にたどり着きたいです


上の1から4はあくまでクラウドソーシングのみでの稼ぎを表しています。在宅ワーク経験者から見たら僕のスケジュールはもしかしたら現実離れをしているかもしれません。

ただそうであっても自分の考えたスケジュールが自分の本意なので愚直に向かって行くしかないと思います。

クラウドソーシングで上の4のレベルまで稼げる力をつけるためにも、現在ほとんどの業務が未経験レベルの僕は低単価案件を沢山こなして実績をつくることで仕事の報酬単価を少しずつ上げていかないといけません。なので今はとにかく量がものを言います。

そんな時あれもやらないといけない、これもやらないといけないとウンザリする気持ちが一瞬過ることもあります。

でも、それをやらないと自分の実現したい状態には届かないのでやることでしか活路を見出だせません。

僕自身このように何かを切望しながら挑戦自体をしてこなかったというのもあって慣れていないだけかもしれません。

だから、今回のウンザリする程の状況は僕を新しい次元に連れて行ってくれる試練だと思っています。結局、考え方や捉え方なんでしょうね。色んなところで色んな人がよく言っているアレです。

在宅ワークのみで場所に囚われずに暮らすのはどうしても実現したい在り方なので、兎に角その気持ちに素直になって愚直にその希望に向かって実行し続けるだけですね。

くまえ ひでき

身軽に動くための2つの認識

ブログやSNSを毎日投稿しようと思っても中々続かないというのは定番の課題です。僕もこのブログを見ればわかりますが毎日続けているわけではないです。

投稿が毎日続けれない理由の一つとして完璧を求めている点があります。読んでくれている人の役に立つ情報発信をしなければならない。でも、何も思いつかない、まとまらないって。

僕もそれで取り掛かりが遅くなったり、結局その日のうちに何も書けなかったりすることはよくありました。

ただ、今はあまり考えずにこの記事を書いています。あまり考えずに書こうと思った決め手となった認識が2つあります。


〇時間は待ってくれない
まず、時間はそれでも進むという認識です。じっと考え込んでいると人は自分のところで立ち止まって寄り添ってくれるかもしれません。

しかし、時間は自分なんて関係なく容赦なく刻々と進んでいきますよね。テレビゲームの強制スクロールみたいです。時間のペースに合わせて進むしかないと思っています。

やらなかったら何も残りません。やったら何かは残りますので、やらないよりかは「マシ」にはなれます。


〇評価は自分でなく、人がする
次に自分の記事に意味や価値を付けるのは読んでいる人という認識です。前回の記事でも触れましたが物事自体に本来 意味や価値があるわけではありません。あくまで人間各々が勝手に良し悪し評価して意味や価値が付くだけです。

だから、自分の認識と実際の結果が異なることもありますよね。何が起こるかわからないので無理に気張らず、大したこと無いと感じる記事で良いと思います。ちゃんと自分が伝えたい相手に伝えようと書いたのなら。

僕の記事をつまらないと思う人は読むのを途中で止めたり素通りするだけです。それでも自分の記事を何かしらの糧として活かしてくれる人も世の中にはいます。何処の何方かは知りませんがそんな人がいると思うだけでも有り難いではないですか。


以上の決め手があって取り掛かっています。やらないことには経験は増えない。経験が増えなければ質は上がらない。だからまずは「やる」ことに落ち着きますね。

くまえ ひでき

自分の持っているもので人の役に立ってみては

人は誰かのために何かしら役に立って、この社会の中で生き続けていられます。

どのような生き方をしてもそれは万人が共通する点です。

それに人の役に立つといってもどう役に立つのかは様々です。

人を楽しませる、人を癒す、人を勇気づける、人を安心させる、人を楽にさせる・・などなど。

先日はその中の「人を楽しませる」ことで人の役に立っている人たちの集まりに参加してきました。

前から僕が付き合いのある溝端 康祐さんの主催される集まりでした。



f:id:hideki20xx:20171114233855j:plain



その集まりでの集合写真

その人は「ハッピークラウン」という事業名のもと、医療施設などでエンターテイナーが活躍する場を創ろうとしています。

そして、エンターテイナーがもっと生きやすい世の中を目指しています。

当日、会場には大道芸の人や弾き語りの人、絵を描く人など様々なエンターテイナーがいました。

ちなみに僕は実際に生でパフォーマンスを見ることはありませんでした。見ても精々動画で観るだけでした。

生のパフォーマンスはやはり表現を全身で感じられますから震えますね。


そんなエンターテイナーの方々のパフォーマンスも最初は個人の内にある興味からスタートしました。

そこから自分の興味あることを単なる個人の趣味に留めずに極めて磨いていく。

それを見ている人は楽しめます、喜びます、興奮します。

人の役に立っていますねー。

そしてファンができます。

更にファンが人を呼び新しいファンができます。

役に立っている人の数が増えます。

こうやっていつの間にか「仕事」になっていくのだろうなと感じました。

だから、思うのです。小難しい定義は考えず、要は仕事って人の役に立つことなんだと。


http://sekai1omoshiroi.hatenablog.com

溝端さんのブログです。ハッピークラウン事業についての詳しい想い綴ってます。

くまえ ひでき

他人が見出だす意味や価値

普段、ゴミ拾いした際はfacebookなどネット上にその様子を投稿していました。

しかし、最近はゴミ拾いしてもネット投稿はしていません。

投稿しない理由は毎日の投稿が単調で意味を感じなかったためです。

毎回の投稿一つ一つに誰に何を伝えようというメッセージ性をあまり考えないまま、ただの作業のように続けていました。

確かにそんなならやらない方がましかもしれません。

でもコレって僕の考えの枠に留まる話なんですよね。自分のやっていることの意味や価値は自分が付けるだけでなく、
それを見ている人も評価します。

その人々も僕が評価しているとわかる人々もいれば、知らない内に誰かから評価されていることもあります。

更に自分が知らないだけで自分の投稿を見て何かしら良い影響を受けている人が居てもおかしくありません。自分がそんな人の存在を知らないだけということは充分あります。

その人たちを自分の都合で強制的に排除したわけですから、価値や意味を見出だしてくれる方々に申し訳ないです。

物事にそもそも意味や価値はありません。人間が初めて物事に意味や価値を植え付けます。

無駄だと自分の勝手な判断で表現を限定せずに、人に自分の取り組みの意味や価値を見出だしてもらうことを再開してみます。

くまえ ひでき

自分の力ではどうしようもないこととどう向き合うか

自分一人の力ではどうしようもないことってありますよね。例えば、天災であったり電車の遅延であったり。

他にも僕は最近こんな出来事がありました。
好意を持っていた女性に他のパートナーができて振られてしまったのです。そもそも僕は男として眼中に無く相手にされていませんでしたけどね。さらに身長が低い人はお断りしているみたいです。

今までも振られた経験はありますが、今回は振られた出来事への解釈が今までと異なりました。

今までは「パートナーがいるのなら仕方がない」「身長は今更どうしようもないから仕方がない」と自分に言い聞かせつつ内心はショックでした。

しかし、今回気付いたのは相手にパートナーがいることや身長が低いこと自体は問題ではないということです。

相手にパートナーがいても、身長が低くてもそれらに代わる魅力や価値を相手の女性に与えることができなかったことが問題なのです。

だから「仕方がない」とは思いません。自分のショックな気持ちを「仕方がない」でごまかし、否定するから自分を責めて苦しくなるのです。

好きなんだからショックは当たり前です。でも、それを「仕方がない」と言い訳しても僕は逆に虚しいです。

一つの出来事として仕方がないで済ませられるけど、自分の事柄としては済ませられない。

なので、自分が一人の人として男性として周囲から少しでも魅力を感じられるような人物を目指して日々生きていくしかありません。

勿論頑張ったからと言って必ず物事が自分の思い通りに運ぶわけでもないですよね。今回の僕の出来事なら僕が頑張ったから関係を築けるわけではないです。相手も同じ人間として人を選ぶ権利はありますから。

ただ、大切なのは手探りでもその時々に必要な自分のできることを最大限に取り掛かることです。少なくても可能性は限りなく高めることできるのではないのでしょうか。「人事を尽くして天命を待つ」です。

冒頭で挙げた天災による被害も日頃の対策によって限りなく最小限に留めることもできます。
電車の遅延も家を出る時間をずらしたら巻き込まれないかもしれません。

このように自分一人の力ではどうしようもないことはありますが、それに対して自ら働きかけることはできます。何も悲観する必要はありません。

くまえ ひでき

自分はできるという証拠

最近は夜が眠れなくて朝まで起きていたことがありました。

徹夜した日の翌朝は少し眠気もありますが、昼間もこれで持つのか不安になりませんか。

実際は昼間一日くらいは凌げる体力があったとしても、気持ちだけが先走りをして不安でいっぱいとなります。

そこで自分が不調無くやっていけるのだろうか不安いっぱいな時はこれまでの自分のことを振り返ってみます。
自分のこれまで時間を忘れるほど夢中になったことを思い出すことです。

例えば、僕は昔 携帯ゲーム機で遊んでいましたが、5時間、10時間と何時間でも遊んでいることができました。ゲームをやっているときはご飯も食べることも無ければ寝ることもありませんでした。

何時間も黙々とゲームをしているのだから目は疲れますし、身体もカチカチになってしまいます。そんな状態でも不安な気持ちは起きずに夢中になれました。

徹夜明けとゲームで遊んでた時のどちらとも身体的に疲れていることには同じです。

でも、どうして一方は不安に駆られて、もう一方は平気だったかというと自分がワクワクしているか自分事として興味持っているかの違いではないでしょうか。

ゲームをやっているときは親から注意されても際限なくずっとやり続けてしまうほどゲームの中の世界観に没頭していました。その分エネルギーは使って疲れは生じるものの、ワクワクするし楽しいから不安なんて感じている余裕はありませんでした。

僕はこのように物事にワクワクしたり楽しむことができることを知りました。そしてなんといっても、疲労を感じても奮発できるだけのエネルギーがあることをゲームの経験で証明できています。

だから、徹夜明けでも不安になることはない。自分はできるんだ!と自分に言い聞かせながら過ごしました。

「しんどい」と思いながら過ごすのと「自分はできる」と言い聞かせながら過ごすのでは充実さが全く異なります。

どんな状況でも「自分はできる」と言い聞かす状態で日々を過ごしていきたいです。

くまえ ひでき